住み慣れた地域で暮らし続けるために

札幌市豊平区西岡・福住地区在宅医療連携拠点事業推進協議会

「とよひら・りんく」 会 長 五十嵐 知文

「とよひら・りんく」は平成23年度厚生労働省「在宅医療連携拠点事業」を契機に発足しました。中島茂夫初代会長のもと札幌市豊平区に位置する西岡・福住地区を中心に医療介護に係わる多職種の方々が顔の見える関係をつくり、互いの連携強化をめざして取り組んできました。この間、ご協力をいただいた講師の方々からは多くのことを学び、また互いに課題を持ち寄り協議してきたことで、看取り支援の拡充やアドバンス・ケア・プランニングの普及など確実に成果が出てきております。
その一方で新たな課題の指摘もあり、引き続き地域住民の安心した生活の一助となるよう活動を行っていきます。本協議会の活動につき、地域で活動している医療介護従事者の方はもちろん、幅広い方々からのご協力、ご指導を頂ければ幸いです。

役員あいさつ
   
在宅医として、外来診療、訪問診療、看取りへの取り組みをしています。
地域包括ケアシステムの構築の上では、欠かせない「在宅医療」を担う医師の立場から、この「とよひら・りんく」の活動を更に良い取り組みとなるように、サポートしていきたいと考えております。
地域の医療・介護関係者の皆様の積極的な参加や提案をお待ちしております。
  寺本 信
 
   
入院診療、外来診療、訪問診療、そして僻地医療の応援など、いろいろな場面で仕事をしています。この「とよひら・りんく」の活動には、すでにライフワーク的に参加させてもらっていました。
西岡福住地区を中心とした地域の医療・介護を取り巻く様々な課題について、参加される皆様と共に悩み、共に解決できるよう、少しでも貢献できればと思います。是非一緒に頑張りましょう。
  澤田 格
 
   
「とよひら・りんく」の活動には、平成23年度の発足当初から参加しております。 各種研修会やグループワーク等を通して、医療との距離も縮まってきました。
この間、当施設では看取り介護にも取り組みました。引き続き、入居者の皆様の生活を支えるために、取り組みを続けていきたいと思います。
  川中 誉代
   
発足当初より、地域を重視し、先進的な取り組みをする「とよひら・りんく」の活動には大きな期待を以って、参加してまいりました。
特に看取り支援やアドバンス・ケア・プランニングは、「その人らしさ」や「自己実現」を重要とした軽費老人ホーム(ケアハウス)での個別支援計画作成において影響を受け、独自のアセスメントシートを開発することができました。
この度、微力ではありますが役員をさせていただきます。ご指導のほどよろしくお願いします。
  浜田 美奈子
 
   
地域包括支援センターとして、65歳以上の方とそのご家族の総合相談、高齢者の権利擁護、介護予防活動、医療と介護・地域との連携やネットワークづくりなど様々な活動に取り組んでおります。
今後も「とよひら・りんく」の活動に参加させていただき、関係者の皆様方とお互いに顔をあわせ、知恵を出し合い良い地域を作っていきたいと思います。どうぞ宜しくお願い致します。
  千田 晃禎